生活習慣を変えて美肌になる!! - リプロスキンの口コミ 評価 効果 ニキビ痕対策など

リプロスキンの口コミと評価・効果・レビュー

トップ.JPG

ニキビ・肌荒れでお悩みの訪問者さんへ。
6ヶ月使ったリプロスキンの本音、お伝えします!

便秘を解消してニキビや肌荒れを改善! その2



〜便秘を解消してニキビや肌荒れを改善〜


その2ですm(__)m



★冷た〜い水は便秘のもと★



暑い夏でも、寒い冬でも


「水分を取って便秘解消!!」という発想は間違いではありません。



しかし冷たい飲み物は直接腸の温度を下げてしまいます



「下痢でもなんでもいいから今ある便を出せばいいという発想」では


便秘は治りません。逆に便秘体質を定着さしてしまいます。



大切なのは、毎日の自然な排泄を取り戻すこと。

それによって肌荒れやニキビを治す事です^^




起きてすぐ、食事中に、温かい白湯で食事と消化をサポートしましょう。


※白湯の作り方については『お肌にいい習慣、食事療法』でお伝えしています。



★たべて押し出すトコロテン方式は良くない★



便秘の対処法として

「食べて出そう、たべて胃腸を刺激しよう」という説があります。



しかし、食べて出すということは「ちゃんと消化する前に出してしまう」


ということになるので便が色濃くなったり


食べ物が吸収されていないので水に沈みます。



解決するには


○朝食は軽くすませる

○昼食はシッカリ食べて

○夕食は少し軽めにする




これを続けていけばだんだんと消化機能が整ってきて

自然と朝トイレに座ると排泄できるようになっていきます^^


自然な生活のリズムを取り戻すともちろん表面にも表れてきますよ(*^_^*)



高い化粧品やサプリメントを使ってみて効果がなければ試す価値は十分あります。

便秘を解消してニキビや肌荒れを改善!



お久しぶりですm(__)mしばらく更新できていませんでしたが


今回はお腹の中、(特に腸など)の環境を改善して美肌を目指す方法


ご紹介します。


お肌は直接目で見える部分ですが、

実は目で見えない部分(体の中)の状態にものすごく関係があります


化粧水などで表面から解決する方法と


習慣や食生活など内側から解決する方法を同時にすれば


片方だけするよりも早くお肌の悩みを解決することができます^^


今回は『隠れ便秘』についてです。



薬も飲まず、苦労もなく、毎日出ている・・・


という場合でも便秘になっているかもしれません。


実は健康な排泄には目安があります^^




それは

○毎日出る

○朝の早い時間に出る

○便に臭いがあまりない

○色が濃すぎない

○適度な硬さがある

○形はバナナのような形

○水に浮く



これらの目安をすべて満たしているのが健康な排泄だそうです。


回数について朝か夕方、1日に2回が適切です^^


インドの医薬伝承では「便秘は万病のもと」と言われるくらい実際に肌にも体にもよくありません。



これを理想の状態にするためにまずできることは


「まず出そうでなくても朝起きたら5分だけトイレに座る」


これが結構、効きます^^



便秘が習慣化している場合まず出したいとは思いませんが


人の腸は午前2時〜6時位の間によく働いて便は朝には直腸に降りてきています。


続けているとだんだん「出そうな感じ」とか

「もしかしたら出したくなってきたかも」と欲求が感じられるようになってきます。



それと同時に「起きたらすぐ白湯を飲んでお腹を暖めておく」

効果が表れるのが早くなります。




顔色が悪い、目の下のクマがとれないときには・・・


いくらリプロスキンようなニキビ痕専用化粧水をつかっても改善しないことがあります。

それは体のもつエネルギーが弱くなり出てくる目の下のクマ、全体の顔色です


こればかりは化粧品でどうのこうのできません(>_<)


こういう症状は体の危険信号ですから

消化力アップの適切なケアが必要です^^


消化力が良い状態になるとよい変化が出てきます


それは「食後の満足感」。
食べた後にきちんと「おいしい」「満足した」と思えるようになってきます。


そうなって来ると「食後に元気になったり体の機能が向上したりする」
といことが実感できるようになります。


ちなみに前回の記事で紹介した
「牛乳(ミルク)」は非常に素晴らしく
適切な飲み方をすると
30分ほどで体のエネルギーになります



ポイントは
「空腹時に」「温めて」
「牛乳だけもしくは甘いものと一緒に」


です^^


私も美肌をめざして少しづつ続けます


お役にたてば幸いですm(__)m




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。